名古屋の注文住宅の事ならSDにお任せください!

設計事務所【SD】

みなさまの家づくりの夢を叶える愛知の設計事務所SD
SDのこだわり
安心の注文住宅
お引渡しまでの流れ
料金について

注文住宅の作品集
愛知長久手の注文住宅
春日井朝宮の注文住宅
ペットと一緒に暮らす家
作品集
エコ住宅リフォームS邸
リフォーム        CAFE GALLERY hagi

知らなきゃ損!お役立ち情報
教えて所長!Q&A
注文住宅の耐震
リフォームの耐震

設計事務所のご案内
事務所概要・地図
所長・スタッフ紹介
所長のコラム
SDブログ

インフォメーション
お客様の喜びの声
お問い合わせフォーム
リンク集

所長のコラム
   所長のコラム
※タイトルをクリックすると詳細を表示します。

タイトル 更新日
欠陥住宅 2008.12.20

欠陥住宅

欠陥住宅被害全国連絡協議会 第25回 大阪大会が下記の日程で開催されました。
日時:平成20年12月6日(土) 12:00〜18:00  12月7日(日) 10:00〜12:00
会場:大阪市立住まい情報センター 大阪市北区天神橋6丁目4−20

私は欠陥住宅被害東海ネットの会員ですが、下記の内容で設立され活動しています。
(欠陥住宅被害東海ネット 組織概要より)
欠陥住宅東海ネットは欠陥住宅被害の予防と回復を目的として
1999年11月に設立しました。
欠陥住宅被害は、住宅施工業者の技術の低下、重層的下請け構造、工事監理不在という構造的原因 から発生しているものであるにもかかわらず、その根本的対策はいまだとられていません。 1995年1月の阪神・淡路大震災を契機として、欠陥住宅問題の深刻さが明らかになり、このような欠陥住宅 被害の防止を目的として、1996年12月、一般市民、建築士、研究者、弁護士が結集し欠陥住宅被害全国連絡協議会(略称:欠陥住宅全国ネット)が結成されました。 その後、全国各地で地域ネットが結成され、被害回復のための活動に取り組んできました。東海地方においても、欠陥住宅被害の予防と回復を具体的に実現するため、活動を続けています。

1日目      特別講演”鉄骨溶接欠陥と建物の安全性”
         加藤 勉 (東京大学名誉教授・(財)溶接研究所理事長)
         特別報告
         パネルディスカッション
         裁判の報告事例
2日目      裁判の報告事例

2日に渡って開催された大阪大会は初めて参加した私にとって、大変 新鮮なものでした。   今後機会があれば具体的な事例で是非活動に参加して行きたいという気持ちになりました。 裁判の報告事例は現在紛争になっている争点が、どのような状況にあるのかを理解するうえで大変参考になりました。
加藤 勉 東京大学名誉教授の講演は建物の安全性について、技術的な観点よりその変遷を時系列に講演して頂きました。難解なものを私共に解り易く講演して頂き大変興味深いものでした。パネルディスカッションは弁護士、建築士それぞれの立場より問題提起し討論して頂き大変よかったと思います。 東海ネットの事務局長 石川真司 弁護士がパネリストになっていましたので、白熱したディスカッションに耳を傾けました。

昨年はマンションの耐震偽装が大きな社会問題となりました。私共を取り巻く社会が騒然となり、ディベロッパー・建築設計事務所・建設会社のあり方が大きな問題になり、また確認申請を認可する行政機関についても問題が指摘され混乱が引き起こされました。 職業人としてのモラルが低下し自分の行動が社会にどの様な影響を及ぼすのか平衡感覚が欠如した結果で あるが、何ともやりきれない気持ちになりました。 また、どうしてこんな事が起きるのかと思われた方が大半ではないかと思います。

私は設計をする側の仕事をしていますのでその観点から考えていることをお話します。 確認申請は認可制度になっていますが、責任の所在はあくまでも申請した側にあると考えています。その点に関して問題がおきれば、その責任の全てをとる立場にあると思います。ただ、申請した物件の内容について事前協議を行政と十分行い建築の法制とのすり合わせをキチッと実施する。そして、法律を遵守して建物をつくりあげる。行政は、申請のあった物件を何時でも検査する権限を持ち、問題があれば即改善の手続きをとる事ができる。改善ができなければ工事停止の権限があり、取締りを強化する。(組織が巨大化しては意味がない。小さな組織で効果をあげるのが原則) ですから、認可制度になっていますが本来は届出制というのが私の考え方です。この点が、ぶれると制度自体が本来の機能を発揮できないのではないかと思います。そして、何か不慮な出来事が起こり問題が発生して責任を取る事態が生じた時には、設計事務所では賠償能力がないためその賠償は保険で対応出来る形が望ましいのではと、かねてより考えていました。健全なシステムが構築されることが何よりも望まれます。

欠陥住宅全国ネット(欠陥住宅被害全国連絡協議会)のホームページ
東海ネットホームのホームページ


COPYRIGHT©2012 SD ALL RIGHTS RESERVED.