名古屋の注文住宅の事ならSDにお任せください!

設計事務所【SD】

みなさまの家づくりの夢を叶える愛知の設計事務所SD
SDのこだわり
安心の注文住宅
お引渡しまでの流れ
料金について

注文住宅の作品集
愛知長久手の注文住宅
春日井朝宮の注文住宅
ペットと一緒に暮らす家
作品集
エコ住宅リフォームS邸
リフォーム        CAFE GALLERY hagi

知らなきゃ損!お役立ち情報
教えて所長!Q&A
注文住宅の耐震
リフォームの耐震

設計事務所のご案内
事務所概要・地図
所長・スタッフ紹介
所長のコラム
SDブログ

インフォメーション
お客様の喜びの声
お問い合わせフォーム
リンク集

安心の注文住宅
   安心の注文住宅

快適な家づくり

快適な家づくり 注文住宅 名古屋  冬の寒い日、気温が0℃になる日が何日もあります。
 そして、暑い夏 岐阜県の多治見市では日本で
 最高気温を記録するニュースがテレビから報道されます。

 名古屋市を含めて中部3県(愛知県、岐阜県、三重県)は、
 山間部の地域を除いて日本全体の
 気候区分からすれば温暖な地域となっています。

 しかし、冬は寒風が吹き荒れ大変寒い。
 私たちは快適な生活をするため日常の服装は、
 気候に合わせて着こなしています。

それでは、住宅はどうでしょうか。

この地域は温暖な地域だから断熱材は入れてはいますが、
温暖な地域であるという事からあまり配慮せずに
お任せになっているのではないでしょうか。

又、断熱に関して温暖な地域ということで費用をあまり
掛けることは、無駄であるような意識が働いている様に
思えてなりません。
それでは、住宅はどうでしょうか。 注文住宅 名古屋

だから寒い冬は“さむい、さむい”と、言いながら重ね着をして過ごしています。
もっと、薄着をして暖かく出来ないものだろうか?

その厚着をもっと性能の高いものにすれば、同じ性能でも薄く出来ます。
また、自然の恵みとも言うべき自然光や通風を取り入れれば、もっと健康的で快適な
生活がおくれるはずです。

快適な空間とは”外部に面する外壁・天井・床・建具”を高断熱にすれば、
外部から影響を受けない室内環境ができる。
更に、気密性が高ければ快適な空間となります。

壁の内部が結露すると”腐りの原因になったり、シロアリが巣食う”ようでは、心配です。

“高断熱・高気密” という言葉を聴いただけで、反発する人?

小さな窓、そしてしめきられた家で断熱材をいっぱい壁に詰め込みエアコンに支配されている。
と、いうイメージを お持ちではないでしょうか。

パッシブな住宅
パッシブな住宅 注文住宅 名古屋


私どもがめざしているのは、
“パッシブな住宅” ではなく
“アクティブな住宅” です。

アクティブな住宅

窓を大きくとり、
家の中に四季の変化を取り入れます。
冬は大きな窓から日射量を多く取り込み暖房は、
それでまかなえます。
夏は、庇(ひさし)の出を大きくすれば
日差しはあまり 入ってきません。
アクティブな住宅 注文住宅 名古屋

外張断熱
外張断熱は躯体の外側に断熱ボードを張るため施工は、充填断熱に
比べると工事は楽に出来ます。

気密層が躯体の外側にある 注文住宅 名古屋 設備配管・コンセントボックスetc
躯体の内側にある。

電線や配管が断熱ボードを貫通する部分 注文住宅 名古屋 その周辺部をコーキング
発泡ウレタンで気密化

外断熱工法 注文住宅 名古屋

結露をなくす
高断熱・高気密が開発されたのは、なぜでしょうか?
結露をなくす
寒冷地の家から結露をなくすために、全室暖房をすることが必要となります。
無理のない燃費で全室暖房するために必要な断熱性・気密性を求めた
もので、当初の目的は“快適性”を求めたものではありませんでした。

日本は、南北に長い地形のため寒冷な地域から温暖な地域まで
気候にかなり差があります。
しかし、沖縄を除けば真冬では0℃を下回る日が何日もあります。
それで、暖房が必要になり結露が発生します。
これを防ぐには、全室暖房を前提に断熱が必要となります。

結露をなくす 注文住宅 名古屋

自己矛盾
温暖地の人たちは、ここは寒い地域ではないから
“高断熱・高気密は必要ない。” と、言って寒い生活をしている。

北海道の様な最も寒い地域は、全室暖房でしかも少ない燃費で
快適な生活をしている。

次世代省エネルギー基準について

住宅の断熱化
健康な生活を守る。

快適な生活をつくる。

無理のない燃費で実現
(省エネルギー)
無理のない全室暖房を可能にする性能を
確保する。

レベルの設定

住宅の省エネルギー基準の変遷
旧基準      断熱するだけ
昭和55年



新基準      寒冷地だけ気密化
平成4年



次世代基準   日本全国で
平成11年     気密化と換気
住宅の省エネルギー基準の変遷 注文住宅 名古屋

財団法人 建築環境・省エネルギー機構  ↑クリックすると拡大します。

住宅の省エネルギー基準

       地 域 区 分         T   U    V    W    X   Y
   断熱性 熱損失係数 W/m2℃      1.6   1.9    2.4    2.7   2.7    3.7
   断熱性 熱損失係数 cu/u       2.0   2.0    5.0    5.0   5.0    5.0

無理のない燃費で全室暖房することを目標にすると、次世代省エネルギー基準は、
これからの住宅の断熱性能値として十分なレベルだと判断できます。

SDでは無暖房住宅にも取り組んでいます
とりとめ無く断熱・気密について、述べてきました。
お気づきになっていると思いますが

どの程度まで、高断熱・高気密にすれば良いのでしょうか?

高断熱・高気密を、どんどん進めてゆけば無暖房住宅も可能になります。
住宅の省エネルギー基準は、快適性の指標の有力な一つになります。

高断熱・高気密にしたら、いつも窓をしめて生活をする事になるのでしょうか?

そんな事は、ありません。
時候にあった快適な生活をおくることが出来るはずです。

お天気の良い季候の良い時期は、窓を開けて開放的な生活を!
夏でも風の通る夜は、窓から風を入れ気持ちの良い夏の一夜を
ご家族と一緒に過ごせば!
家族のつながりが、深まります。



生活に多様性が、生まれます。

SDでは、無暖房住宅にも真剣に取り組んでいます。


完成までのサポートは万全です
"今年こそ、住まいを建てたい"と,思い立ってから そのプランを進めていくには
大きな流れとして下記に示すようなプロセスがあります。

1 スタート



2 設計相談



3 設計監理契約



4 基本設計



5 実施設計



6 工事監理
完成までのサポートは万全です 注文住宅 名古屋

基本設計
住まいの計画についての要望や考え方を
あなたやご家族にお聞きします。
また、現在の生活状況や将来の住まい方の変化、
住まいへのこだわりについてもお尋ねします。


 1 立地条件

敷地調査
法規制の確認


 2 設計条件

断熱・気密
省エネ
シックハウス対策
バリアフリー


 3 外部環境との調和

地域・町並みとの調和


 4 基本的な構想をまとめる

デザインの提案
プラン
模型


 5 予算計画の作成
基本設計 注文住宅 名古屋

クライアントとコミュニケーションを重ねることにより、住まいに対する想いを深く掘り下げる。
その想いを住空間として形づくり、我が家らしさを感じることのできる住い創りを
心がけています。

実施設計
基本設計でまとまった内容を、設計図書として具体的な形につくりあげます。

設計図書 仕様書/実施図面/建築図面(建築図・構造図)/外構図面
設備図面/構造計算書/色彩計画書

実施設計により、施工会社に見積りを依頼したときに使用材料の品質、
寸法、施工内容まで図面に明記されています。
数社の施工業者が見積りをしても正確な見積りが可能となります。

例えば
システムキッチンメーカー名/形・寸法/仕上げ/仕様

実施設計 注文住宅 名古屋

工事監理
いよいよ工事にはいります。
地鎮祭にはじまり、仮設工事、地業工事と続きます…

工事には、いろいろな専門職が携わります。

施工業者は工事の手順を計画に従い必要なときに
必要な専門職を手配し工事を進めます。
工事監理 注文住宅 名古屋

監理は、あなたに代わって あなたと設計者が一緒につくりあげた設計図書に基づいて、
工事が間違いなく行われているかどうか現場で確認します。
間違いがあれば、直ちに指摘し訂正を指導します。

工事途中には、基礎の配筋検査・上棟検査・造作下地検査・・・・・etc
いろいろな検査を行って行きます。その内容は、その都度 報告書にまとめて提出します。
また、工事の完成にあたって竣工検査があります。

行政の中間検査・完了検査も手続きをして、併行して行なってゆきます。

予算計画
住宅の新築に際して建物の工事費用の他に、いろいろな費用が必要となります。

基礎補強工事
地盤調査の結果で、地盤の特性にあった基礎補強をします。

解体撤去工事
既存の建物がある場合は、解体工事が必要になります。

外構工事
敷地の状況により、工事費が変わります。
敷地に高低差がある場合は、造成費用が必要となります。

添付資料 ←新築予算計画書の内容はこちらをクリック
Acrobat Reader 注文住宅 名古屋 PDF形式ファイルをご覧いただくためには
Adobe社のAcrobat Reader(無料)が必要です。
←ダウンロードはこちらをクリックして下さい。

お引渡しまでの流れページへ

お問い合わせはこちら 注文住宅 名古屋

▲安心の注文住宅ページのTOPへ戻る

  名古屋市の注文住宅・新築・リフォームは設計事務所【SD】

  〒461-0005 名古屋市東区東桜2-3-7東カンビル302号
  TEL:052-770-5674 FAX:052-753-8581
注文住宅 名古屋市 愛知県 設計事務所【SD】


COPYRIGHT©2012 SD ALL RIGHTS RESERVED.